トイプードルの犬図鑑

ボストンテリアの歴史

アメリカを原産国とするボストンテリアは、2012年には本国アメリカで12000頭以上、日本でも1600頭以上が登録されている、人気の小型犬種です。
今や世界中で愛されているボストンテリアは、たった4頭の犬たちから始まりました。
そしてそのすべての祖先たちの記録がたどれるほど、ボストンテリアの歴史は新しいものです。

今からおよそ150年前の1865年頃のアメリカ・ボストン市周辺で、白いイングリッシュ・テリアとブルドッグを交配して生まれたジャッジという名前の犬がいました。
ジャッジは体重がおよそ15kg(32ポンド)、体格のがっちりした中型サイズで、白地にブリンドルという現在のボストンテリアと非常によく似た外見を持っていました。ジャッジをベースに20ポンドとサイズの小さい白いメス「ジップ(別名ケイト)」を交配し、生まれたオス犬「エフ」は28ポンドになりました。さらにエフはブリンドルの毛色で体重20ポンドの「トビンズ・ケイト」と交配されて、生まれた子犬たちがボストンテリアの基礎になりました。現在世界中で愛されているすべてのボストンテリアは、ジャッジ、ジップ、エフ、ケイトとその子供たちがルーツなのです。

この時代はまだ闘犬が行われていたため、祖先犬ジップは闘犬として作出され、ブルテリアの血を引いていたようです。その後、ジップが種オスになってまもなく闘犬が禁止され、ボストンテリアの作出は愛玩犬化に舵を切りました。小型化の過程で愛玩犬を交配することによって闘犬の血は薄れ、ボストンテリアは「タキシードを着たアメリカ紳士」と呼ばれる、優しく身ぎれいでスマートな犬になりました。
アメリカンケンネルクラブは当初、この犬種の登録に慎重な立場を取っていました。ジップの交配から数えて20年にも満たずに作出されたため、あまりにも時間が短く、固定化のために十分でないと考えていたのですが、関係者の努力により1893年にボストンテリアとして正式に登録されることになりました。
現在ではアメリカを代表する犬のひとつであり、ボストン大学のマスコットでもあります。

ボストンテリアの特徴

ボストンテリアはホワイトが入っているスムースコート、がっちりとした筋肉質でありながらスリムな体型です。
尻尾は短く、立ち耳の小型犬です。
顔立ちはブルドッグの系統ですが、性質やプロポーションはテリアの影響が強く出ています。
ドッグショーなどに出展する場合、体重は6.8kg未満、6.8~9kg未満、9~11.35kgの3段階に区分されています。

ボストンテリアの性格

ボストンテリアは優しく快活な性格で活発、知らない人や犬にはそつなく接します。
飼い主の顔色をうかがう繊細さがあり、時に嫉妬深さから、他の犬や子供に対して攻撃的な面を見せることがあります。

ボストンテリアの飼い方

ボストンテリアは活発で遊び好き、運動も好きなので、体力のある若犬のあいだはドッグスポーツにチャレンジするのも良いでしょう。太りやすい体質ですので、運動は大切です。
しかし、短吻種ですので、過剰な運動や気温・体温の上昇で呼吸困難にならないよう、注意が必要です。
散歩は1日30分~1時間程度、夏季は取りやめて室内での運動でも良いでしょう。

愛玩犬の優しさと、飼い主オンリーのテリア気質の両方を持ち合わせています。
愛情不足であれば嫉妬心から、過保護であれば依存心の強さから、問題行動を起こしてしまいます。
子犬の頃からしつけやけじめのあるコミュニケーションを通して、落ち着いた犬に育てていきたいものです。

短毛ですので被毛の手入れは楽ですが、暑さに弱いため、抜け毛はこまめに取り除いてすっきりと風通し良くさせてあげましょう。
地域によっては、老犬の冬期の外出時には衣類を着せるのも良いでしょう。

ボストンテリアの毛色

ボストンテリアはブリンドル、ブラック、シールブラック(赤みがかった黒)に、ホワイトが必ず入っていることが大切です。

ボストンテリアの気を付けたい病気

遺伝性疾患も一般の病気も比較的多いとされているボストンテリアですが、腫瘍や、腫瘍が原因と推定される疾患が起きやすいようです。
腫瘍としては肥満細胞腫の好発犬種であり、中年齢以降の発症が報告されています。
見えるところにある腫瘍は、小さなうちならきれいに切り取れることが多いので、放置しないで病院へ受診するようにしましょう。
また、脳内に腫瘍ができてしまうと、てんかん様の発作を起こしたり、クッシング症候群の原因となったりすることがあります。

ボストンテリアは白内障の好発犬種でもあり、早い犬では4~5才から発症するとされています。
近年では動物薬でも、症状の進行を抑える目薬などがありますので、早期発見が大切です。
また、紫外線が目を直撃しないよう、夏の直射日光対策を兼ねて、生活に工夫をしてあげたいものです。

このほか、短吻種のかかりやすい疾患として、軟口蓋過長(口の中で上顎の肉が垂れ下がってくる)、気管狭窄などによる呼吸困難があげられます。肥満により症状がひどくなることがありますので、体重管理はきちんとしてあげましょう。ふがふがという呼吸音がいつもより大きいなと思ったら、動物病院で相談してみるのが良いでしょう。

< ボストンテリアのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

LINE ID連携で理想の子犬を迎えよう♪ ID連携してご成約いただくと1,000ポイントプレゼント 健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,302人が「いいね!」と言っています。
Yoshie Takemoto
小田 眞幸
海老原 久実
るーちん Kaoru
岡本 栄子
Vladimir Kiva
牟田口 まり子
片山 貴光
ボストンテリアの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 ブリーダーアワード 2017年 上半期

ブリーダーからお迎えした子犬投稿

毛色から子犬を探す

性別から子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ボストンテリアの名前ランキング

  • 男の子
    1位Roi
    2位そら
    3位イギー
  • 女の子
    1位はな
    2位あけび
    3位ちゃぶ
>> 名前ランキングをもっと見る